ピンク色のぶたを想像しないで下さい。

美徳手伝い、美徳美徳

おはようございます♪

昨日から、美徳の52枚のカードを引き、その言葉を1日意識して過ごしてみる!ということをやっているmocoです。

今日は、引いたカード紹介の前に、ちょっとした導きのテクニックをご紹介します。

例えば、「さぁ、皆さん 今から1つ動物を思い出して下さい。でもピンク色のブタは想像しないで下さい

。。。

 

 

thDA59VDCY

 

思わずピンクのブタを想像しませんでしたか?

 

「次に、皆さん、これから私の言うことを絶対に想像してはいけませんよ!」

 

青い空、灼熱の太陽の下、浜辺にいるグラマラスなGカップ級のスタイル抜群の美女があなたに向かって腰をふりながら近寄ってきています。

 

。。。

 

想像した人、手を挙げてくださーい^^。

 

。。。

 

ほとんどの方は空の色や美女の姿を想像しましたよね?

 

これは人は否定的な言葉には無意識にむかいあってしまう、潜在意識は否定的なことを処理できないとも言われているから仕方ないことなのです。

とすると・・・

 

学校の廊下に「廊下を走ってはいけません」と書くと、してほしくないと思っている行動にエネルギーの焦点を絞ってしまい、走ることを促します。

私語をしている子達に「話すことをやめなさい」と言っても、子供に何をしてほしいかについてのポジティブな焦点が与えられません。

だったら、「どうぞ先生を見て下さい。。尊敬の気持ちをもって耳を傾けて下さい。」と言った方が、おしゃべりをやめなさいという命令を超越して何が求められているのかについてより明確な思考を与えます。(肯定なイメージをもたせることが大切!)

このように、導きの目的は、ポジティブな行動を招くために美徳を使う:「~してはいけません」の代わりに「~しましょう」を使うところにあります。

最近は、公共のトイレにも「きれいに使って下さりありがとうございます」と書いてある所も増えてきたと思いませんか?皆さんの周りは如何でしょう?一度、張り紙を注意して見てみると面白いですよ(*^-^*)

 

b_ornament_121_0M

 

今日、引いたカードは「手伝い」でした。

以下、52の美徳の言葉 教育プログラムから

手伝いとは?

手伝いとは奉仕することです。

人のために役立つことです。

その人が自分ではできないことをしてあげることです。

やりたくとも時間がないためにできないことをしてあげることです。

ほんのささやかなことで、その人の人生を生きやすいものに出来ます。

自分の身体の面倒をきちんとみることによって、自分自身を助けてあげることも大切です。

人の助けを必要とするときもあります。

そのような時には助けを求めることが大切です。

Helpfulness

Helpfulness is being of service to others, doing thoughtful things that make a difference in their lives.

Offer your help without waiting to be asked.

Ask for help when you need it.

When we help each other, we get more done.

We make our lives easier.

 

手伝いの美徳の実践法

手伝いの精神を発揮しているときのあなたは、ほかの人たちを思いやっています。

頼まれるまで待つことはしません。

必要なことに気づいたら、すぐに実行します。

人が何を必要としているかがわからない時は聞いてみるとよいでしょう。

「私はどのような形であなたの役にたてますか?」

「何か必要なものがありますか?」

健康的な食べ物を食べ、運動をし、十分な休息をとることによって、自分自身を助けることも忘れないで下さい。

必要な時には助けを求めることも忘れないで下さい。

~~~

以上、52の美徳 教育プログラム(太陽出版)から抜粋したものでした。

 

b_ornament_121_0M

てつだい・・・本日は人が必要としていることやものを提供することもですが、自分自身のニーズも満たすことを心掛けて過ごしてみようと思います。

今日は自分の書の勉強へいってきます^^。皆様も良い1日を🎵

スポンサーリンク