今を!友人を!思わず大切に使いたくなる”Present”の意味

 

昨夜見たTV番組・奇跡体験!アンビリーバボー。

7年前にアメリカで起こった出産で心肺停止になり死亡宣告を受けた母子。

悲しみに打ちひしがれる父親に抱かれた赤ちゃんが息を吹き返し、そしてその赤ちゃんの鳴き声が聞こえたかのように母親が10分後に蘇生したというまさに奇跡と呼べるお話で。。。

 

後遺症もなく元気に過ごす家族の現在の映像で、お父さんが「 あの日以来、今でも明日も妻や息子が元気でいてくれるか不安に思う時があり、だからこそ、その時その時を一生懸命に生きなくてはならないと思うようになりました」と話す姿が印象に残っています。

 

毎日、朝起きて、ルーティンワークをこなし、夜寝てと当たり前のように過ごしている日々。

時間は誰にも平等にある中で、自分は毎日「今日も有意義な1日だった」と思えているかしら???

そんなことを考えていると、旧ブログに書いていた、ある記事を思い出しました。

それは当時、片付けをしていた時にひょっこり本棚から出てきたメルマガを印刷したものがとても感動したので、作者不明のまま引用させてもらったものなのですが、昨夜の思いとリンクしたので、ここにも残しておきたいと思います。

 

b_ornament_69_0M

 

 

次のような銀行があると考えてみましょう。

その銀行は毎朝あなたの口座へ86400ドルを振り込んでくれます。

同時にその口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、86400ドルの中であなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか?

もちろん毎日86400ドル全額を引き出しますよね。

僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは時間です。

毎朝、あなたに86400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。

あなたは今日与えられた預金の中から今を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヵ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、週刊新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、たった今 事故を避ける事が出来た人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

だから、あなたのもっている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は与えられるものです。

だから、英語では今をプレゼント(present)と言います。

その時、その時に出逢った友達。

友達はとても貴重な宝物です。

それは、あなたに笑顔と成功する為の勇気を与えてくれます。

それは、あなたの事を聞いて、あなたを誉めて、あなたへ心を開いてくれます。

だから、あなたが友達をどれほど心に留めているかを示しましょう。

 

b_ornament_69_0M

 

上の文章にはまだ続きがあったのかもしれないけど、私が取っておいたのはここまででした。

素敵な記事を書いて下さった方へあらためて感謝をこめて、自分自身へもこの文章を再び贈ってかみしめたいと思います。

今日は未来へのはじまり。。。Have a nice day!

 

今日の表現 : She is near her time.(彼女はお産が近い)

今日も世界のあちこちで新しい命が誕生していることでしょうね^_^

 

また見にこよう♪と思って下さったら
ポチっと押してくださいね。

Twitter で

今を!友人を!思わず大切に使いたくなる”Present”の意味” に対して 2 件のコメントがあります

  1. いいクリスマスプレゼントになる手紙。
    帰宅したらまた熟読したいです。

    1. moco より:

      私もこれを読んだ時、良いお話だなぁ♡と取っておきたくて印刷しました(^_-)-☆

コメントを残す