赤ちゃんのいる暮らし

2018年10月25日日々の暮らしの中でベビーバス、新生児への水、肌着日々の暮らしの中で

孫娘が生まれて早1ヶ月。

先週には母子の1ヶ月検診も済、昨日はお宮参りへ行ってきました。

 

今週末には自宅へ戻っていく娘と孫ちゃん。

忙しさも何のそので、赤ちゃんがいるだけで癒やされる時間は私自身が娘達を育てていた頃とはまた違った感情をもちました。

 

赤ちゃん用品も数十年前に比べて進化していて、沐浴用のベビーバスも今は体が安定するよう足がかかるようになっていたり、頭の部分もクッションがついて柔らかくなっていたり、

 

 

最初見た時は思わず裏表になっていると裏返しにしそうになった肌着は、今は縫い代やタグが肌に当たらないように表についているんですね。

 

他には車にのせるチャイルドシートもより頑丈に^^

ハイ&ローチェアも新生児のうちから使える等、お世話もドンドンしやすくなって^^

 

物質面だけでなく・・・

私の娘が新生児の時は義母や母からも「水を飲ませなさい」とよく言われていましたが、今じゃある程度月齢が進むまでは母乳だけで良いそうで、この先も成長に伴い色々なへぇという驚きやわ~という感動があることでしょう。

 

お孫ちゃんの健やかな成長を願いながら、ばぁば(まだ自分で言うのは抵抗あり^^;)もたくさん抱っこできるように健康でいないといけませんね。

 

最近になってまた右腕に痛みがでてきた為に間が空いてしまいましたが、(頸肩腕障害は一時的によくなっても完治しないそうで、またもや・・・(;_;)ですが、無理は禁物のようなので、少しずつ書いていきながら次回は和柄のパステルアートについて可愛い絵と共にご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク