丁寧に言ったつもりが二重敬語に・・・

緊急事態宣言が31日まで延長されましたね。

自粛生活期間に家族が家にいるとテレビがついている時間も長いのですが・・・今はバラエティ番組等で出演者の方の言葉をテロップで流してあり、それを見ていると、「食べれる」を「食べられる」、「拝見させていただきました」を「拝見いたしました(しました)」等なおしたものが出ているんですね。

 

以前、敬語について記事にした時に二重敬語についても書き始めてそのままになっていたものがあったので、今日はそれをまとめて 丁寧に言ったつもりが、しつこい感じになる二重敬語 についてお届けします。

敬語については、こちら<敬語の使い方ってむずかしい>もよかったら後でご覧ください^^

 

まず、敬語を話す時に頭に「みえになる」「存知のようにのように「お」 「ご」をつけますが、これに「~られます(ました)」をつけると、これも敬語になるので、二重になります。

 

例えば、「お客様がお見えになられました」や「お帰りになられます」は ☓ で、「お客様がお見えになりました(お見えです)」「お帰りです(になります)」が  ですね。

 

同様に、

「○○社長がお越しになられました」は「○○社長がお越しになりました」

「おっしゃられたように」は「おっしゃったように」

「ご覧になられますか?」は「ご覧になりますか?」

「何時頃、お戻りになられますか?」は「何時頃、お戻りになりますか?」

 

と思い当たるものは結構ありそうです。

 

それから、敬語の使い方で何かを自分がする時の「~させていただく」も正しい使い方(のようなもの)があるので、また別日に記事にさせていただきますねさて、これは正しいのでしょうか?^^解答は後日に。。。

では、今日は短めですがまた~。

スポンサーリンク