パステル画にも使える良さそうなゲルインクボールペン

2021年5月6日

パステル画の空の星に光を表現する時にと結構な頻度で使うゲルインクボールペン

使用後は、ティッシュでペン先のパステルの粉を拭き取ったりしてるけど、困ったことに、それでも物によってはすぐに付かなくなるのです( ;∀;)

 

付かなくなったら、お湯にペン先を暫く浸して、その後に振ると良いと聞くんで、やってみるけど、なかなかねぇ。。。(ノ´Д`)

 

この前買ったばかり、なのにもう付かない!といったペンが何本にもなったので、他に良いものはないかと検索すると

 

こちらのゲルインクペンを見つけ、

アマゾンで¥660(水性ゲルインクペン ピュアホワイト 3本セット )で購入してみましたよ。

3本はペン先の太さが違うという使いわけができるもの (*^-^*)

 

まだ使い始めたばかりなので、ここ数日は付いていますが少し間が空くとどうでしょう・・・?気になりますねぇ・・・。

付き具合はよくて描きやすさの面では問題なし(^o^)

 

uniballのシグマが¥130くらいなので、1本¥220となると少し高くなりますが、インクがなくなるまで続けて使えるようであればこちらの方がコスパ的には良いですし、ずっと使えるといいなぁの願いを込めてのお知らせでした。

 

 

一昨日、習ったパステル画

ふんわりとしたタンポポの綿毛の描き方、勉強になりました!(^^)!

 

時間もかからず描けるし、青空でも描いてみましたが、このアングル好きだなぁ^^

 

教わることで、それを生かして またうちに来て下さった方へお伝えしていく

インストラクターになっていても学びは続きます

出来るようになることが増えるって何歳になっても嬉しいですものね(*^-^*)

 

今日はここまでです。

そうそう、コーヒー飲んでみました。(どのコーヒー?と思われた方はこちらの記事をご覧くださいね^^)明日以降、ご紹介をば。

 

スポンサーリンク